臼田 佳祐

1/2ページ

NPA PublisherにSSMセッションマネージャーで接続してみた

こんにちは、臼田です。 みなさんセキュリティしてますか?(挨拶 NetskopeのNPAではAWSなどにPublisherを設置してプライベートアクセスを実現します。このNPAをAWS上ではEC2インスタンスとして作成してsshでアクセスして管理します。 せっかくなのでSSMセッションマネージャーでアクセスできないかなーと思って試してみたらできたので、方法を紹介します。中身がCentOSなので問題なくできました。公式にサポートされている手段ではないので、利用できることを保証できるものではありませんのでご了承ください。 SSM セッションマネージャーとは 最初にSSMセッションマネージャーの説明 […]

NetskopeのNPA PublisherをSSHからアップデートしてみた

こんにちは、臼田です。 みなさんセキュリティしてますか?(挨拶 今回はNetskopeのプライベートアクセスの機能であるNPAについてちょっとした手順の紹介です。 NPAはプライベートアクセスを受け付けるためのPublisherをデータセンターやクラウド側に設置します。実態としてはCentOSになりますが、その上でPublisherの仕組みが動いています。これのバージョンアップをしていきます。かなり簡単です。 アップデートの手順 公式の手順はログインしてHelpのUpgrade the Publisherにあります。Helpにある各種ドキュメントへのアクセスにはログインが必要なので注意してくだ […]

MDATPでLinuxをサポートしてEDRもできるようになったのでやってみた

こんにちは、臼田です。 皆さん、Linuxのセキュリティ管理していますか?(挨拶 Microsoft Defender ATPがLinuxに対応しました!(2020年6月なのでかなり前ですが Microsoft Defender ATP for Linux is now generally available! – Microsoft Tech Community ついでに最近LinuxでもEDR機能がパブリックプレビューになっています。 EDR for Linux is now available in public preview – Microsoft Tech […]

コンテンツのセキュリティを強化できるBox Shieldで脅威検知してみた

こんにちは、臼田です。 みなさん、データのセキュリティ確保できてますか?(挨拶 今回Boxのセキュリティ機能であるBox Shieldの脅威検知機能を試したので紹介します。 コンテンツを保護する良い機能なのでわかりやすく説明して行いこうと思います。 Box Shieldとは Box ShieldはBoxで利用できるより発展的なセキュリティ機能です。 そもそもBoxはクラウド上に散らばりがちなコンテンツを1箇所に集約してセキュリティやコンプライアンスを保ちやすく出来るソリューションで、Box Shieldがなくても細かい7段階のアクセス制御やアクセス・編集履歴のトラッキングなどでセキュアな管理が […]

会社の端末をWindowsもMacもまとめてMicrosoft Defender ATPでセキュリティ管理するとちょー便利になるよって話

こんにちは、臼田です。 みなさん、端末のセキュリティ管理してますか? 今回は会社の端末のセキュリティを確保するのに非常に便利なMicrosoft Defender ATP(MDATP)を紹介します。 タイトルの通りWindowsだけでなくMacも一緒にセキュリティを確保できるところは何よりも魅力的です。そのあたりも含めて、MDATPとはなんぞやというところから説明していきます。 Microsoft Defender ATP(MDATP)とは MDATPは端末を統合管理するセキュリティプラットフォームです。前述の通りWindowsだけでなくMacも一緒に管理できます。 機能としてはEDR(End […]