フルリモートだけどWeWorkのAll Access使ってみたよ

フルリモートだけどWeWorkのAll Access使ってみたよ

はじめに

世の中にフルリモートを謳っている会社さんは割と多いと思いますが、弊社のフルリモートはガチです!
どのくらいガチかというと、もともとWeWorkに16席あった座席をフルリモートにするから1席に減らしました。ちなみに社員は20名以上います。

ねっ!ガチで1席でしょ。

ですが、わたしは元々WeWorkのコミュニティマネージャーをしていたオンナ。ってか営業だし、家にずっといるなんて・・・ということでお願いしてAll Accessというプランを契約してもらいました。

WeWorkってなに?

WeWorkは、全世界38ヶ国151都市800ヶ所で展開しているシェアオフィス・コワーキングスペースを運営する会社です。スタートアップから大企業まで54万人以上のメンバーがいます。日本のみソフトバンクとの合弁会社で、最近DeNAクックパッドが本社を移転したことで話題になりました。

All Accessってなに?

月39,000円で全国7都市34拠点のWeWorkの共有エリアが営業時間内使い放題のプラン!渋谷スクランブルスクエアの最上階や、原宿のおしゃれビルアイスバーグ、Ginza Six最上階などたくさんのビルが使い放題になるというとっても便利なプランです。詳細はこちらに。

何が使えるの?

施設: ラウンジ、電話ブース、集中ルーム(一部モニター付き)、ペアレンツルーム(授乳室)、ウェルネスルーム(休憩室)

飲み物: コーヒー、紅茶、緑茶、烏龍茶、ビール

その他: WiFi、電源、プリンター(白黒120枚、カラー20枚まで無料)

ビールはヒューガールデンとプレモルが飲み放題なんだけど、緊急事態宣言・マンボウ中は提供を止めているそうです。悲しすぎる・・・

渋谷は、上記2種類に加えて、一番搾り、カースルバーグ、ハイネケン、バドワイザーの6種類が飲めます。ただわたしはヒューガールデンらぶなので、渋谷にいってもヒューガールデンしか飲みませんw

カフェでいいじゃん?と思う方、違うんです!電話ブースがあるので、Zoomとかもしやすいし、ちょっと篭りたい時とか、逃げ場があっていいです。

あと、わたしのような働くママさんにはありがたいペアレンツルームと言われる授乳室もあるので、子連れでお仕事もOKです!

予約方法は4ステップ

契約のプロセスとかはHPをみてね。簡単にいうと、WeWorkに連絡→契約→身分証明書もって拠点にいく→アクセス用のカードとノベルティもらう。以上!

はじめにアプリを2つほどインストールする必要がありますが、基本どこの拠点でも、アクセス用のカードをもらいに行くときに、使い方を親切に説明してもらえます。

予約方法はとってもシンプル。10秒もあればできます。

  1. 専用のアプリを立ち上げる
  2. デスクのアイコンをクリック
  3. 拠点選ぶ
  4. デスクを予約をクリック

わたしがよく使うのはアークヒルズサウスの拠点ですが、拠点リストの一番上にあるので、ガチ3秒で予約ができました。

予約の取りやすさ

ほとんどの拠点が当日でも予約できます。ただし渋谷スクランブルスクエアは48席あるのに予約がとても困難です。

確認した日は7/8ですが、最短で予約ができるのが7/15の1枠、その次が19日でした。まぁ、あんまり使わないからいいんだけどね♪
その他は、Ginza Six、新橋、リンクスクエア新宿あたりも人気なので早めに予約をした方が良さそう。

予約した後どうするの?

予約した拠点にいきます。「All Accessの予約です」と、コミュニティバーという受付でいうと、赤いネックストラップを貸与されます。

ここで一つポイントがあります。それはカード受け取り時は【笑顔でこんにちは〜】することをお勧めします。

素敵な笑顔でお迎えしてくれますよ!

ぶっちゃけ居心地はどう?

とてもいいです。
ラウンジは広いからソーシャルディスタンスもしっかりとれるし、窓が大きくて明るく景色も良いし、コーヒーは美味しいし、おしゃれな音楽も流れているし、わたしにとっては最高の環境!

ただエンジニアさんとか、経理の人とか、トレーダーとかめちゃくちゃ集中して仕事する必要がある職種の人、複数モニターが必要な人はむかないかも。

一応集中したい時、Zoomしたい時用に電話ブースがあるのですが、人気の拠点だと電話ブース難民になることがあります。予約できる電話ブースがある拠点もあるのですが、予約が取れない場合もあるので、打ち合わせの前はちょっとドキドキします。

自宅のデスクとどっちが作業効率がいいか

弊社フルリモートなので、みんな自宅に作業スペースがあり、モニターも1-2個おいています。わたしも自宅の作業スペースにモニターを置いているので2画面で作業が可能です。

約1ヶ月WeWork 7: 自宅 3くらいで使ってみて思ったそれぞれのメリットは・・・ 

自宅のメリット

 移動時間がない
 好きな時に休憩できる
 楽な格好でOK(下だけジャージとかね)
 モニターがあるので2画面で作業できる
 好きな音楽かけられる(90年代ポップスとか)

 好きな時に犬を愛でられる

WeWorkのメリット
 おしゃれなラウンジで作業できる
 電話ブースあるのでミーティング中にインターホンとか気にしなくていい
 コーヒー紅茶など無料で飲める(マグなどを自分で洗わなくていい)
 人の目があるのでさぼらない
 寂しくなったらコミュニティチームに構ってもらえる
 MacbookやiPhoneの充電器なんかも借りられる
 知らない会社さんとの出会いがある
 イベント無料参加
 たまにお菓子とかもらえる

結論:わたしにはどっちも必要!

おわりに

フルリモートがいい人、オフィスが欲しい人、オフィスでも自宅でも好きなところで働きたい人、人間って本当にわがままだなと思います。
All Accessは月39,000円でわがままに対応ができるので、コストパフォーマンスはとてもいいと思います。

ノートパソコンだと画面が小さいので作業効率は落ちるので、資料作成の時などは自宅でやった方が効率は格段によい。それ以外はWeWorkを使うスタイルをもう少し継続しようと思います。

情報システム部門は企業のコア

CTA-IMAGE 株式会社クラウドネイティブは、情報システム部門のコンサルティング専門家集団です。 ゼロトラストの概念を国内でいち早く取り入れ、現実的に実装できる国内唯一のコンサルティング会社です。 「どの製品選べばいいの?」 「社内インフラ改革はどこから?」 「セキュリティって結局どうすれば?」 その疑問や不安にお応えします。