SaaS

Workato:scanを使って正規表現で文字抽出したときにハマったけど解決した話

どーもばるすです。

今日の内容はTipsです!

久々にブログ書いたのでTipsだけど許してくれ!

結論

scan(/REGEX/) とすると、結果が配列:Array型になってしまう。

.join("")を関数の後ろにつければ文字列型にできる。

例:scan(/REGEX/).join("")

原因と解説

経緯

やりたかったこと

API実行時のJsonから、必要なID値がURLに含まれているので抽出したい

元のテキスト

タイトル
会社名
メールアドレス
▼注釈
<https://crm.zoho.com/crm/org720627216/tab/Leads/123456789>

上記のテキストからID:123456789 に当たる部分をとして抽出したい

ので、正規表現:Leads/(.*)で取得して変数に格納したかった

試行錯誤の履歴

普通に設定してみた

1回目

設定したやつ

結果

2回目

()を外して、次の工程でSprit(“”)

設定

結果

3回目

gsubで文字列をリプレースしてみればイケるんじゃね?案

設定

結果

4回目

gsubを正規表現後にすぐやってみたら変わるんじゃね?案

設定

結果

エラー箇所は変わったが…

5回目

ん?なんか正規表現後の変数おかしくね?単数のテキスト型なはずなんだが。。

なぜか配列型:Arrayになっている

ということでシンプルに変数定義→値入れてOutput確認してみる

設定

結果

問題ないよねー
あれー?なんでArrayになってるの?

うむ、これはおかしい

6回目(最後)

Arrayを連結するには…?🤔

とりあえずJoin使っとけばええやろ(名推理

設定

結果

勝ったッ!!

第三部完!

結論

scan(/REGEX/) とすると、結果が配列:Array型になってしまう。

.join("")を関数の後ろにつければ文字列型にできる。

例:scan(/REGEX/).join("")

終わりに

以上!

今回はちょっとした関数話を書きました!

知ってる人からすると「当たり前やん」的な内容かもしれませんが

僕みたいにハマる人が一人でも減ればそれで良いかな!って思います!

次回のブログも乞うご期待!

ばるすでしたー。

ばるす

パチンコ屋→焼き肉屋→情シスを経てクラウドネイティブへ入社。
趣味はギター,キーボード,アウトプット,散歩,読書など。
苦手なものは朝と事務作業。得意分野は眠ること。