雪山の中心で愛をさけぶ

雪山の中心で愛をさけぶ

どーもわたしです。シンジのブログにもありましたが、このまえ1泊2日で弊社初の雪山冬合宿が開催されました。で、本気の競技雪合戦とかゲレンデ滑った後、本気のLT大会やりました。持ち時間10分の初LT、テクニカルな内容ではないですけど、いま発信しておきたいことをテーマにしました。

緊張しすぎて 助けてくださあああい ってなりました

ライトニングトーク(英: Lightning Talks)とはカンファレンスやフォーラムなどで行われる短いプレゼンテーションのこと。様々な形式があるが、持ち時間が5分という制約が広く共有されている。 -Wikipediaから引用

幸せについて10分喋りました

趣味の音楽についてプレゼンしようと思ったんですけど、10分間じゃ足りんわってことで断念。幸せってなんですかねっていう話をしました。

巷では、幸せになれるなんちゃら〜とか、いい男をゲットするためのテクニック5選!とかいう記事とかがそこらじゅうに落っこちてますよね。それって本質的にどーなん?ってことです。そもそも自分の幸せが何か分からーんとかいう人もいんのに。かなしい。

幸福感は感謝の気持ちとのトレードオフ

結論からいうと、「幸せ」になるもんじゃなくて、あとから気付くものだと思ってます。

誰かの支えがあったから何かが成功したとか、みんな何かしらあると思います。〇〇がいてくれてよかったーとかありますよね。その小さい安堵感も幸せの端っこなんです。

仮に、友達も恋人もおらんし感謝する人いねーよとか思う人は、まず毎日頑張ってる自分に感謝してください。話はそこからだ。

ってゆーことは

小さいことに感謝できると幸せを感じやすいってことです。

最初は特別だと思っていたことでも、気が付けば習慣化したり当たり前になることってめっちゃあるし、慣れは仕方ないです。ただ、当たり前にある現状自体が幸せなことなんですよね。それに気付けてますか?ってことです。

とはいえ間違っても「幸せになりたいから感謝する」とかいう思考回路になると本末転倒なので、もっと肩の力抜いてゆるーくいきましょう。あとから気付きましょう。そろりそろり。

幸せは気付いたもん勝ち

過去を美化しがち〜とか必死おつ〜〜wwみたいなこと言う人いますけど、別に美化したっていいと思ってます。必死なんじゃなくて、実際そのときの自分と、とりまく環境や支えがあって今の自分がいるんですから。(ちょっとええこというたかな

感謝されて嫌な人ってまぁおらんでしょう。そこらじゅうに幸せポイントおっこちてるぞ〜!

そんなこんなで叫んでみました

もっと幸せに敏感になれよ!!!(某アツいテニスの人みたいな感じ)っていう発信でした。

女子メンバーから「なんか超刺さったわ〜」っていうコメントをもらったので嬉しかったです(こなみ)

で、なんでこんなテーマにしたんかっていうと、 いま自分めっちゃ恵まれてんなー!と思ったからです。この理由は声に出して話すと泣くと思ったんで(自分超泣き虫)LTでは話してませんでしたが、実は夜な夜な1人でいろいろ考えて嬉し涙した日もあったんですよ。過去の自分に教えてあげたい。

ってことでこの気持ち忘れんとこーと思ったのでアウトプットしてみた次第です。

初LTの感想

10分があっという間で、スライドの枚数はそれほど多く作ってませんが、案外喋れるもんなんやなぁと思いました。 内容はもちろん、聞いてる人を巻き込んで内容に引き込む力、聞く価値のある話だと思ってもらえる話し方、資料の見やすさ、どれも大事です。

プレゼンとかは場数を踏めっていいますが、ほんまでした。 話は基本聞く派やけど、話上手にもなろう。あと、もうちょっと何かITっぽいこと発信できるようになろう。。