セキュリティ

1/3ページ

シャドーITと向き合っていくためのセキュリティと利便性

おいっす!マーケの中野です。先日、Oktaユーザー有志のコミュニティJOUG(Japan Okta User Group)のイベントに登壇させていただきましたー。その中で、Oktaの概要とセキュリティと利便性についてお話させていただいたのですが、ちょっと伝えきれなかったなーっていう、シャドーITについて少し書いていきます! セキュリティってなんだろう? 守りたいのはコンテンツ セキュリティを高めて何がしたいのかというと、コンテンツ(データ)を守るためであって、パスワードやネットワークやデバイスを守ためにセキュリティがあるわけではなく、中身のコンテンツを守りたいんですよね。みんな、みんなみーんな […]

AWS Service Catalogの利用方法

はじめに どうもkakeruです。今回はAWS Service Catalogの利用方法について記載していきたいと思います。 なぜAWS Service Catalogを利用するのか AWS Service Catalogを利用するメリットととして以下が挙げられます。 Service Catalogを利用することで、子アカウントに必要以上の権限をつけることなく必要な設定を配布することができる。 親アカウントにて子アカウントに作成された製品の確認ができる。 制約にてStackSetを利用することができる。 指定のリージョン・アカウントで製品を配布できる。 StackSetを利用する場合は、子アカ […]

MDATPでLinuxをサポートしてEDRもできるようになったのでやってみた

こんにちは、臼田です。 皆さん、Linuxのセキュリティ管理していますか?(挨拶 Microsoft Defender ATPがLinuxに対応しました!(2020年6月なのでかなり前ですが Microsoft Defender ATP for Linux is now generally available! – Microsoft Tech Community ついでに最近LinuxでもEDR機能がパブリックプレビューになっています。 EDR for Linux is now available in public preview – Microsoft Tech […]

Jamf ProでiOS/iPadOSの条件付きアクセスが使えるように なったよ

はじめに どーもみなさんこんにちは。ねもてぃです。 ついにJamf ProでiOS向けConditional Access(条件付きアクセス)がリリースされましたね。 macOS版は既に実装されておりましたが、iOS版は過去にプレビュー版が公開されていただけでなかなか実装がされませんでした。 内容を確認をしてみたところ、macOS版のConditional Accessと仕組みが異なるようだったのでとりあえずブログにまとめておきます。 何ができるようになったのか Jamf Proに登録されたiOS/iPadOSデバイスがコンプライアンスポリシーに準拠しているかをAzure ADに渡せるようにな […]

Android向けMicrosoft Defender ATPを試してみた

はじめに どーもみなさんこんにちは。ねもてぃです。 先日のiOS向けMicrosoft Defender ATPに続き、Android向けMicrosoft Defender ATP(以下、MDATP)を試してみました。 MDATPはMicrosoft Defender for Endpointに名称が変更されていますが、今回もMDATPとして記載させていただきます。 本記事に関して、iOS編と重複する部分も多々ありますが、ご了承くださいませ。 MDATPとはなんぞや?という方はこちらをご参照ください。 ・ 会社の端末をWindowsもMacもまとめてMicrosoft Defender AT […]

1 3