新型コロナワクチン接種休暇ができたし、大規模接種センターでワクチン接種へ行ってきた。

新型コロナワクチン接種休暇ができたし、大規模接種センターでワクチン接種へ行ってきた。

こんにちは、デバイスチームの森です。
本日はいつものような技術ネタではなく、当社の就業規則&時事ネタを交えたワクチン接種ブログです。

世の中の状況に合わせて新たな就業規則が爆誕

ある日、Slackの社内通達で以下テキストが投下されました。

新型コロナワクチン接種休暇を策定しました、今日から使用OKです!

<具体的には>

  • 1回目も2回目も、半日〜最長2日お休みできます。
  • 家族、パートナー(ペット含む、彼氏彼女、お友達、推し)でもOKです。
    パートナーの定義:自身が仕事を完遂する上での心理的礎となる者を指します、皆さんプロとして、自分の仕事を支えてくれている人の判断自分でして下さい。
  • 接種会場への往復の交通時間も含めて半日取得OKです。
  • ワクチン接種は個人の判断とします。打つも打たないも自分で決めて&他の人の意見を尊重してね。

ワクチン接種に関する様々な意見

変異種が凄い勢いで増えている流行型ウイルス。

こればっかりは何とも言えませんが、私自身、他のワクチンもほぼ毎回接種していたのが功を奏したのか、ウイルス感染した事がありませんでしたので、今回もワクチンを接種する事に決め、大規模接種会場での接種予約を取ることに。

※ ワクチン接種に関しては様々な意見がありますので、こんな考え方があるんだな。という1意見と思ってもらえたら幸いです。

早速接種

という訳で、本日7/12はワクチン接種(1回目)で休暇を頂きつつ、午後の空いた時間を有効活用すべく、このブログを書いています。

ワクチン接種後、指定の待機時間を終え、特に問題なく会場を後に。

現状目立った副作用はありませんが、個人的な感覚としては「ワクチン接種のダメージ」より「大規模接種会場での待機場所」(タープ下)や「日中の外気温/湿度による体力消耗による疲労」を強く感じましたので、これから接種を考えられている方は「接種だけでなく移動時や炎天下での待機の事も考慮しておくとより安全」と感じました。

この安心感

建前上は「休暇扱い」となっていますが、この規定が策定(6/17)されてから「初の策定利用接種者」という事で、すぐブログに投下したい!!と思い、テキスト作成しました。

万が一、この後体調が悪くなってもお休みできるのはとても安心です。>シンジさん&メンバーの皆さまに感謝!

今日はゆっくりマイペースに過ごしたいと思います!!

情報システム部門は企業のコア

CTA-IMAGE 株式会社クラウドネイティブは、情報システム部門のコンサルティング専門家集団です。 ゼロトラストの概念を国内でいち早く取り入れ、現実的に実装できる国内唯一のコンサルティング会社です。 「どの製品選べばいいの?」 「社内インフラ改革はどこから?」 「セキュリティって結局どうすれば?」 その疑問や不安にお応えします。